パティシエ裏話記事

体験者が激白!パン屋とケーキ屋の悲惨な倒産の裏側!

投稿日:2022年1月1日 更新日:

明けまして!おめでとうございます!🐯

2022スタートしました!

スタろんです 

寒すぎでしょ、、いきなり正月から(笑)

パティシエは普段から冷蔵庫みたいな環境にいつもいるので(生ケーキを作るので冬意外は冷房エアコンが稼働しているせい)

寒さにはとても強いんですが、、寒い。。

まだ暫くはコロナコロナ世の中なんで本当に風邪には気を付けていきましょう(+_+)

さて!

新年一発目!

ケーキ屋さんやパン屋さんに共通するとんでもなくヤバイ話題!

倒産事情(TT)

について語りたいと思います。

去年の年末とんでもないニュースがありましたね

Yahooニュースにでていたベルベ倒産ニュース

正直かなりびっくりしましたw(°o°)w

むか~し若い頃に全国放送テレビで紹介されているのを見た事があります。

かなり有名なお店だったと思います。

しかも社長失踪て、、、=_=

常連さんはとても悲しいでしょうが、従業員は

もっと悲しく辛いでしょうね、、(TT)

そんな悲惨な倒産劇を私自身が

倒産間際の洋菓子製造販売会社にいた実体験

経営者経験者としての

社長側の実体験

から実際に倒産していく現場ではなにが起きていったのかを紹介していきます!

仕事の日常が徐々に変化

自分自身不思議なんですが

霊感があるせいか嫌な事が起こりそうな時は直感が働くんですよね。

ギリギリで回避している事が多いです。

なので実際に倒産間際の会社やお店に勤めた時に本当にギリギリ回避してました(+_+)

でもそんな直感がなかったらどうなってたかと思うとゾッとしますね、、、щ(゜ロ゜щ)

それほど恐ろしいです。。。

私が初めてそんな倒産間際の職場経験をしたのは20代初めの頃です。

当時大きな洋菓子工場に就職し、いつか将来は立派なパティシエになるのだ!!

と毎日必死に仕事をしていました。

私が入った当時は割とその会社は業績が良く、ボーナスも出たし社員旅行にも行けました。

しかし!!

それから一年経過した頃に徐々に変化が起きました。

大きな工場だったので派遣社員を雇っていたんですが、週明けにいきなり来なくなりました。

  え?!?

何ヶ月も一緒に働いていたので仲良くなっていたし、

なんの連絡もなくいきなりだったので本当にビックリしました。。

当然わけがわからないので上司に確認すると

「聞くな」

これだけでした。。。

その時の人形のようなアイスマンな上司の目を忘れる事はないでしょう=_=

さらにそれから急に仕事量が激増し、定時帰りが全くできない日々が続きました。

朝から深夜12時、1時もざらです(TT)

その仕事も自社の商品ではなく、全然知らない会社の商品を製造していました。

しかも多種多様(+_+)

洋菓子工場なのに

なぜかウナギパイも焼いていました(笑)

もうパティシエを目指すどころかなにを毎日やってるのかわけがわからない状況です。

唯一良い事と言えば、残業代がえげつない事になるのでお金が増える事です。

しかもお金を使う暇がないのでお金が貯まります。

働いている同僚の中にはわざと仕事をするフリをして残業代を稼ぐ奴もいました。

(上司でさえも、、=_=)

若い時で無知ながらも自分自身の中で矛盾を感じずにはいられません。。

仕事は沢山あってもそれは自社の製品ではないし

毎日遅くまでそのせいで仕事をするから残業代がかかり人件費が膨大になる。

儲けなんてでるの?

こんな事をしていて大丈夫なの?

と会社の経営を心配していました。

そんな事を考えている日々の中で恐れていた事が起き始めました。

破滅へのカウントダウン

毎日朝から夜遅くまで仕事をしているせいで

段々頭がわけわからん状態になり、

朝と夜も区別がつかなくなってきました。

そんなある日、部長さんがいきなり声をかけてきました。

給料もうちょっと待ってくれ!

今は金が入ってこなくてな!すまん!

へ??? 

いきなり過ぎて理解するのに大分時間がかかりました、、、

最初の頃は大きい工場だったし、会社もしっかりしてそうだったのでなにかトラブルがあったのかな?

くらいに考えていました。しかしそれから

もうちょっと待ってくれ!

もうちょっと待ってくれ!

と最長の時は一ヶ月以上も給料の支払いが遅れていきました。

流石にこのあたりからもうヤバイとは感じます。。。更に。。。

パンを始める!!!

とか言い出して

出来る人もいないのに無理やり商品化を進める始末、、

(発酵具合もわからないからパンが風船みたいに膨らみ過ぎて爆発してました=_=)

とにかく

金が入るならなんでもやったるわい!

精神がえげつなすぎました。

なりふり構わない感じ=_=

そんな事が続き、自分はもうこれ以上この会社で仕事は出来ないと感じそれから直ぐに辞めました(+_+)(+_+)

残った人は

とりあえず遅れても給料貰えるから良い。

残業代が沢山出るから良い。

普通に考えたらそんな会社にいたら破滅しかないですが

人間という生き物は不思議なもので

働きすぎると思考力も感情も失われていくんですよね(TT)

忙しい 心を無くすと書く

と昔の人はよく例えましたね。

多分ですが、倒産間際の会社に最後まで勤める人は

なんとなく会社の異変に気付いていても

とりあえずなんとかなるんじゃね?

と楽観視している人が多い気がします。

普段から状況判断が早い人や、優秀な人は結構早い段階で会社を辞めてました。

残っても良いことは一つもないのですがね、、、

倒産する直前と倒産した後は修羅場

私は倒産間際で辞めたんですが、運悪く自分の私物を取りに会社に戻った際に

倒産報告を丁度している社長と聞いてる社員の現場に遭遇してしまいましたO_o

その現状は酷いもんで、、、

社長にとんでもない罵声を浴びせる人

ただただ泣きじゃくり、膝から崩れ落ちてる人

ずっと下を向いて目が死んでる人

負のオーラしかない空間です、、( ̄ヘ ̄;)

私は給料貰った後で良かったですが、

倒産した後は社長に会社を操作する特権はなく

その会社の遺産を取引業者や従業員、

その会社の株を保有する人に弁護士を通じて分配しなくてはいけません。

当然融資を受けて借金している銀行にもです。

従業員の給料は優先されますが、最悪全額は貰えない状況もあります。

結局社員全員の残業代は貰えなかったそうです。。。┐( ̄ヘ ̄)

その後

社長や部長と連絡が完全に途絶えたらしく

仕方ないから会社の事務所を社員で包囲し

プラカードをかかえて、金払え!と言っていたそうです。

居座る人もチラホラいたらしく、、、

まあ、家族があって自分も高齢でローンを組んでる人はマジで死活問題ですからね。。(+_+)

私の修行時代

神戸の超有名なフーケという洋菓子屋さんが

数年前に多額の負債を抱えて倒産して

ニュースのパン屋の社長と同じように社長が雲隠れした事がありました。

当時関西のパティシエ業界で震撼したニュースだったので

私も店の様子をチラッと見に行きましたが、店のまわりを30人くらい取り囲んで

金返せ!!出て来い!!!

逃げんな!コラ!!

と、目が真っ赤な人達が息巻いていました。

とても異質で近づけない雰囲気でしたね(*﹏*;)

そんな状況を見て一番私が心底震えたのは

そんな人達が店を取り囲んでいるにも関わらず、原材料取引業者や商品取引先の方達がその人だかりを強引に掻き分けながら

粛々と淡々と金目な物を持ち去っていきました

(-_-;)

周りに人が居ようと無かろうと知った事か!という感じで、、、

あの光景は忘れる事はないですね。。

社会の本当の怖さを感じました(TT)(TT)(TT)

では、なぜこんな事になってしまうのでしょうか?

過去に固執した経営になるのが原因

なぜこんなとんでもない悲惨な事が起きてしまうのか?

もっと早く気付いて対処出来なかったのか?

私の経営者としての経験からその原因を解説したいと思いますO_o

まず、

日本全体が流行に食い付きやすい!

そして

飽きんのも早い!!

(゜o゜;これが実は

一番大きい原因かも、、

最近で言えばタピオカでしょうか?:^)

とにかく目新しい事が好きで、

すぐに影響されやすい国民性だから仕方ないのはあるんですがね。。

この国民性は良いときに働けばとんでもない力を生み出し

とんでもない破壊力を生み出します!

タピオカや食パン専門店がいい事例ですよね。

しかし!

悪いほうにいけば

とんでもなく下の下まで落ちます(+_+)

例えば皆さんも経験あると思いますが

今まで自分が今まで美味しいと思って

ひいきしていたお店があっても、友達や知人に

あそこのお店もっと美味しいよ!(^^)

と言われたらまず一回は行きますよね:^)

しかも本当に美味しいし、しかもデザインが斬新で可愛かったら確実に虜になると思います。

ケーキやパンに限っては

常連客は掴みにくく、常に新規客の奪い合い

が起きています。

今や昔と違ってどこでもスイーツやパンが食べれる時代

一昔前と同じ製法やデザインと味では厳しいのですよ┐(´д`)┌

原材料も上がってるから最近はケーキもパンも高いですからね。

なかなか気軽に買えません(*_*)

更に言えば情報社会の速度の早さ

これも大きいです。

まだ情報社会が今のように発展していない時代に

繁殖してお店を展開している会社の社長さんが

意外とこの流れに乗れていけないんですよ。

昔からこれでやってきたからこのまま変えずにやればダイジョブダイジョブ!!(・∀・)

これが近年会社が潰れる原因で一番危険な思考です

ちょっと前まではスマホなんてなかったし、InstagramやTwitterという言葉が出来たのもつい最近です。

今やそのSNSで集客しなければまずお店は成功しないくらい浸透しています。

しかし昔の経営者の方程集客方法は一昔前と同じにしてしまい

売れなくなったらまた別の場所で出店すればイケるっしょ!

でやってしまうのです=_=

当然その考え方なので

現代の集客方法を取らずにチラシだったり、口コミを当てにして集客します。

当然それにもお金がかかります。

更にわけわからんお店の装飾や商品パッケージにお金をかけてしまいます。

当然またお金がかかります。

その計画で銀行から多額の融資と従業員も雇うのでまたまた

お金がかかります、、、、┐( ̄ヘ ̄)

ケーキは原材料が最近はもっとバカ高く、パンも最近小麦粉が値上がりして原価がキツくなってます。

売れたらいいですが、当然昔のように売れませんからね。

これが続けば当然資金が頭打ちになり

資金ショートを引き起こすのです

これがケーキ屋さんやパン屋さんの最近倒産する原因だと私は思います!!

何度も言いますが、昔と違ってパンやスイーツはどこでも買えてしまうのです。

なんとかなる!経営では現代は絶対に無理ですね(´д`)

社長は現実から逃げたくなる

ニュースのパン屋さんの社長は手紙残して逃げましたよね?

従業員からしたら最低な行為だし、絶対に許される事ではありません。

実際最低だとわかっていながら逃げる理由はなんだと皆さんは考えてますか?

自己破産すればいいのに!

とか、

とりあえず色々売却して給料だけでも払えば!

と考えている人が多いと思います。

では社長に実際どんな事が起こっているのか?

実はもう

自己破産や会社解体しても手遅れ

な状況なのです乁 ˘ o ˘ ㄏ

私の予測も入りますが、確かに自己破産が一番いい方法ですが自己破産も審査があります。

事業で失敗した借金は清算できる可能性はありますが

事業以外で出来た私用の借金は

清算できません。

どうもこのニュースのパン屋社長はその怪しい資金流用がありそうですね(*_*)

人に言えない金というか、、、

しかも自己破産は資産価値がある家や車や私物は全て没収されます。

僅かな生活費用だけ(100万以内くらい)

残るだけです。

もし仮に自己破産出来ても、高齢なら再出発はほぼ絶望だと思います=_=

ずっと社長していた方なら、いきなり下っ端から仕事なんてプライドが邪魔して死ぬより辛いでしょうし

生活もいきなり最低水準です。

じゃあ、なんとか事業を回復するように頑張ればと考えても

負債が何十億となればケーキ屋とパン屋では絶対無理です。

お金が大きく動く車や不動産業ならともかく

ケーキは原価が高く沢山売るのは本当に難しいし

パンなんてどんだけ作ってどんだけ売らないといけないでしょうか?

借金の利息だけしか頑張っても稼げないでしょう。

そんな生活をする位なら逃げてしまえ!!

と社長さんは考えてしまったんでしょう。

昔カイジていう漫画で見たセリフですが

現金を持って海外で怯えながらコソコソ生きていてなにが幸せなのか?

生きてても死んでるのと同じ

正にそれだなと思います=_=

進んでも地獄、引いても地獄ですが社長は沢山の人の人生を握る仕事です。

同じ地獄でも一人でも救う地獄を選んだ方が少しでも今後幸せな人生を送る気がしますね(*_*)

倒産した従業員の方々が今年からいいスタートが出来る事を本心より願っております(TT)



-パティシエ裏話記事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

パティシエになる近道を経歴20年ベテランが伝授

暑い!!! スタろんです。 今回はパティシエになりたい人に向けてのブログになります! まず、皆さんはパティシエになる方法はどんなイメージを持ってますか? 多分だいたいの方はまずは専門学校を出てからお店 …

実体験あり!ホテルパティシエと個人店パティシエの違い

雨が長引いてジメジメしますね、、 スタろんです! さて、 今回はパティシエの職場の違いでの働き方を 掘り下げていこうとおもいます。 皆さんの中でも、ホテルのお菓子と洋菓子屋さんのお菓子が なんとなく違 …

悲痛な実体験からパティシエ年収事情を紹介

マジで暑いですね、、、、 体調は大丈夫ですか? スタろんです(;’∀’) 今回のテーマは パティシエの金銭事情を深堀します! パティシエの給料は実際どうなの? と気になる人も絶 …